二次相続 とは / 新宿相続サポートセンター|相続税の専門税理士【16.5万円~】

新宿相続サポートセンター|相続税の専門税理士【16.5万円~】 > 相続税申告に関するキーワード > 二次相続 とは

二次相続 とは

  • トラブルが起きやすい「二次相続」とは|必要な対策など解説

    相続の中で特にトラブルが起きやすいのは、「二次相続」です。二次相続とは、一度被相続人からの相続が終わった後に、さらにその配偶者が被相続人となって起こる相続のことをいいます。二次相続でのトラブルは主に次のようなものがあります。 ・納税に関するトラブル二次相続で一番起こりやすいのが、納税に関するトラブルです。二次相続...

  • 相続税対策を税理士に相談するメリット

    しかし、相続税に関することは専門家である税理士に依頼することで確実でスムーズな申告を行うことが出来ます。相続税対策から相続税申告までを税理士に依頼するメリットは次の通りです。・最新の相続法にのっとった対策を行える・相続税が一番かからない相続の方法をアドバイスできる・相続税の申告まで相続に関することすべてを依頼でき...

  • 不動産による相続税対策

    そのようなことがないようにするためにも、不動産を活用した相続税対策に関することは専門家にご相談ください。最近の相続法の改正で新設された配偶者居住権を上手に活用することも対策の一つです。 川合公認会計士・税理士事務所では、新宿区、杉並区、中野区、世田谷区を中心に、「相続税」、「不動産」、「ライフプランニング」などに...

  • 相続税対策の方法とは

    相続税の対策に関することは、思い立った時に専門家にご相談ください。 川合公認会計士・税理士事務所では、新宿区、杉並区、中野区、世田谷区を中心に、「相続税」、「不動産」、「ライフプランニング」などに関するご相談を承っております。「相続税」に関してお困りのことがございましたら、お気軽に当事務所までお問い合わせください...

  • 小規模宅地等の特例とは

    小規模宅地の負担軽減措置とは、相続開始の直前において被相続人または被相続人と生計を一にしていたその親族が事業のようまたは居住の用に供していた宅地等については、一定面積まではその評価額の一定割合のみを相続税の課税価格に算入することとされています(租税特別措置法69条の4第1項、2項)。これは、昭和末期からのバブル期...

  • 不動産を相続したの相続税の計算方法

    相続財産とは、相続または遺贈によって取得した財産のことをいい、これが相続税の課税対象となります。この相続財産には、財産権の対象となる一切の物および権利が含まれます。そのため、不動産も相続によって取得した場合は相続税の課税の対象となります。もっとも、公益を目的とする事業を行う者が取得した財産で、当該公益を目的とする...

  • ライフプランの必要性とは

    そう言った時代であるからこそライフプランを細かく作成することは非常に重要です。マイホームをいつ買うのか、結婚や子どもはどうするのか、老後にいくらくらいの資金があれば余裕のある生活ができるかということを予め考えライフプランとして設計していくことで自分の人生の道筋や目標へのステップが明確になります。 もし、ライフプラ...

  • M&Aでの事業承継

    M&Aとはmerger and acquisitionの略で企業の合併や買収を指します。ここではM&Aを利用した事業承継のメリットと大まかな流れについて見ていきます。 ○M&Aを利用した事業承継のメリットM&Aを利用した事業承継のメリットとして、まず挙げられるのは後継者を見つけることができなくても事業承継ができる...

  • 従業員への事業承継

    また経営者の業務について1から教えたり引き継いだりする必要がないことや、取引先にとっても馴染みのある方と引き続き取引を行えるため、事業承継そのものに大きな手間がかかるということはあまりありません。 しかし、注意点もいくつか存在します。通常事業承継は株式の譲渡という形で成立します。つまり後継者は株式を買い取る必要が...

  • 事業承継の流れ

    事業承継とは会社を後継者へと引き継ぐことを言います。事業承継を行う際の流れについて見ていきます。 まず検討すべきはどういう形で事業承継を行うのかという点です。親族経営の会社であれば、親族承継という形で親族の中から後継者へ見つけることになります。ただし親族が承継したがらないケースも増えています。働き方の多様化などに...

  • 贈与税申告を税理士に依頼するメリット

    贈与税申告とは、ある人から贈与を受けた受贈者が、税務署に対して行う申告納税のことをいいます。贈与税の申告が年間110万円を超える場合や相続時精算課税制度を受ける場合などは申告が必要となります。 申告は個人でもできますが、贈与された財産に不動産や株式などが含まれていた場合などは、その財産を評価するのに専門的な知識が...

  • 不動産や株式を贈与する

    贈与とは、譲渡とは異なって不動産などを相手方に無償で譲り渡すことをいいます。贈与は、数ある相続税対策の中でももっとも効果的なものの一つです。そして、贈与はもっとも基本的で比較的容易にできる方法です。 相続税を減らすために生前贈与で相続財産となるであろう不動産や株式を贈与しておくことが効果的です。しかし、贈与によっ...

  • 新宿区で相続税のご相談は当事務にお任せください

    相続とは、本人が亡くなった場合に、その配偶者や子などの相続人が、生前の本人における一切の法律関係を承継することを示します。 相続時には、相続税が課せられることがあります。相続財産のうち相続税の課税対象となるのは、預貯金や不動産、株式などの金銭に交換可能な本来の相続財産、被相続人の生命保険金や死亡退職金などのみなし...

  • 生前贈与のメリット・デメリット

    ■生前贈与とは生前贈与とは、亡くなる前に贈与をすることをいいます。通常の「贈与」(民法549条)と生前贈与は同一です。 ■生前贈与のメリット①相続時のトラブルを回避・軽減できる亡くなった方が持っていた財産(権利義務)は、原則として全て遺産となります。そして、相続人が複数人いる場合には、遺言や法律で定められた割合(...

  • 相続税の土地評価とは

    路線価方式とは、路線価が定められている地域で用いることができる評価の方法です。路線価とは、道路に面する宅地の1㎡あたりの値段をいいます。宅地の評価額は、路線価と当該土地の面積との積を、土地の形状などに応じた調整率で補正することによって計算します。倍率方式とは、路線価が定められていない地域の評価方法です。倍率方式で...

  • 相続時精算課税制度とは

    相続時精算課税制度とは、原則60歳以上の父母又は祖父母から、18歳以上の子又は孫に対し、財産を贈与(民法549条)した場合において選択できる贈与税の制度をいいます。まずは、この制度の根本である贈与税から説明します。 贈与税とは、人から財産を貰う贈与契約を締結した際発生する税金をいいます。また、自分が保険料を払って...

  • 暦年贈与のメリット・デメリット

    暦年贈与とは、ある年の1月1日から12月31日までの贈与額が、基礎控除額の110万円を超えた際には、その超えた分の贈与税が発生するという方法です。いくつか具体例を挙げて検証します。例えば、AさんがBさんに対して300万円の財産を贈与したとします。このとき、基礎控除110万円を差し引いた190万円に、税率を乗じて贈...

  • 不動産を生前贈与するメリット

    相続は、遺言(同法960条以下参照)をしない限り、特定の相続人に対して譲渡するよう求めることはできず、被相続人が亡くなった後、遺産分割協議にて不動産を誰が取得するか相続人の中で話し合うこととなります。もっとも、相続は亡くなった時に開始するため、口を出すことができないのは当然でしょう。従って、不動産を贈与しておくこ...

  • 事業承継税制とはどんな制度?

    事業承継税制とは、「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」(円滑化法)に則り都道府県知事認定を受けている非上場会社の株式などを贈与や相続によって承継した事業の後継者がいた場合、承継された分の贈与税や相続税を一旦猶予する制度のことを言います。事業承継制度の要件は、以下の通りです。 ⑴会社に対する条件事業承...

  • 事業承継のメリット・デメリット

    事業継承とは、後継者に事業を引き継ぐことを指します。経営者のリタイアに伴い、後継者に事業を引き継ぐことができなければ、廃業となってしまいます。事業継承ができないと、会社の資産をすべて売却し、負債を支払って会社そのものがなくなるため、経営者本人だけでなく、従業員や取引先にとっても負担にもなります。そのため、事業継承...

  • 贈与税の時効が成立するケースとは

    名義預金とは、口座の名義人と管理人が異なることです。その名義預金が贈与であっても、相続税として認められると、贈与税の時効が成立する期間が過ぎても、相続税の課税対象となってしまいます。 また、亡くなられた方から生前にお金を受け取っていたとしても、贈与者が認知症など意思疎通が難しいといった場合には、契約書が無ければ、...

  • 相続税の非課税枠はいくらまで?注意点とは

    また、配偶者に財産が集中してしまう場合も考えられるため、配偶者が亡くなった際の二次相続にかかる相続税もしっかりと考慮しておく必要があります。 川合公認会計士・税理士事務所は、新宿区に本拠を置き、杉並区、中野区、世田谷区をはじめ、全国各地で幅広く活動しております。お客様にご依頼いただきやすい料金で業務を行っています...

  • 配偶者居住権とはどんな権利?

    配偶者居住権とは、「配偶者が相続開始時に居住していた被相続人所有の建物を対象として、終身又は一定期間、配偶者に建物の使用を認めることを内容とする法定の権利」と法務省は説明しています。つまり、相続発生の前から住んでいた配偶者の自宅は、配偶者がその自宅の権利を相続しなかったとしても、住み続けることができる権利のことで...

  • 相続税はいくらからかかる?

    ■相続税とは人が亡くなると相続が発生します。相続が発生すると、相続人は被相続人(故人)の遺産を承継することになります。この遺産を承継するにあたって、相続人が支払わなければならないのが「相続税」です。しかし、いかなる場合にも相続税を支払わなければならないというわけではありません。ここでは、相続税はどのような場合にか...

  • 相続税の配偶者控除とは

    ■相続税とは相続税は、相続が発生した際に、相続人が承継した遺産の総額が一定額以上になると課されます。具体的には、遺産の総額が相続税の基礎控除額を超える場合に、相続税の課税対象となります。相続税の課税対象となった場合には、税務署に相続税の申告書を提出することが義務付けられています。 ●相続税の配偶者控除について相続...

  • 生命保険金には相続税がかかるか

    ■相続税とは相続税は、遺産を承継した相続人に課されるものです。とはいえ、相続人全員に必ず課されるものではなく、遺産の総額が相続税の基礎控除額を超える場合にのみ課税対象となります。また、課税対象となる遺産は、相続時に財産価値を有するものであり、遺産のほとんどを占めますが、例外的に仏壇仏具やお墓は対象外となっています...

新宿相続サポートセンターが提供する基礎知識

  • 相続税対策を税理士に相談...

    相続税はご自身で申告書を記入して提出することも可能です。しかし、相続税に関することは専門家である税理士に依頼することで確...

  • トラブルが起きやすい「二...

    相続の中で特にトラブルが起きやすいのは、「二次相続」です。二次相続とは、一度被相続人からの相続が終わった後に、さらにその...

  • 不動産や株式を贈与する

    贈与とは、譲渡とは異なって不動産などを相手方に無償で譲り渡すことをいいます。贈与は、数ある相続税対策の中でももっとも効果...

  • 従業員への事業承継

    従業員への事業承継についてのメリットや注意点について見ていきます。 従業員を後継者とするメリットは以下のような...

  • 贈与税の時効が成立するケ...

    贈与税には、時効が法律で認められており、基本的に贈与の発生から6年とされています。ただし、6年で時効となるのは、贈与だと...

  • 事業承継の流れ

    事業承継とは会社を後継者へと引き継ぐことを言います。事業承継を行う際の流れについて見ていきます。 まず検討すべ...

  • 相続時精算課税制度とは

    相続時精算課税制度とは、原則60歳以上の父母又は祖父母から、18歳以上の子又は孫に対し、財産を贈与(民法549条)した場...

  • 新宿区で相続税のご相談は...

    相続とは、本人が亡くなった場合に、その配偶者や子などの相続人が、生前の本人における一切の法律関係を承継することを示します...

  • ライフプランの作成を専門...

    ライフプランニングを行う際には、ただ単純にライフイベントを列記しどの程度の資金が必要かを大まかに考えるだけでは不十分なも...

  • 贈与税の特例制度の適用を...

    贈与を効果的に活用するには「相続時精算課税」と「暦年課税」の二つの課税方式を利用して節税対策を行います。 一度...

よく検索されるキーワード

税理士紹介

川合税理士の写真
代表税理士
川合 拓(かわい たく)
ご挨拶

相続は自分には関係ないと考えてる方も多くいますが、誰もが一度は経験するものです。

その際に何をすれば良いかわからないと悩まれる方がほとんどです。困ったときに頼りになる税理士として皆様が抱える相続の悩みを解決いたします。

税理士以外にも公認会計士、中小企業診断士、宅地建物取引士、1級ファイナンシャル・プランニング技能士などの資格を有する“相続のスペシャリスト”が皆様が抱える相続の悩みを解決いたします。

  • 所属団体
    • 東京税理士会新宿支部
    • 日本公認会計士協会東京会
    • 新宿法人会
    学歴
    • 一橋大学商学部経営学科卒業
     
  • 資格
    • 公認会計士・税理士
    • 中小企業診断士
    • 宅地建物取引士
    • 1級ファイナンシャル・プランニング技能士
    • 日本証券アナリスト協会検定会員
    • 英検1級
    ※公認会計士(旧2次試験)は大学3年在学中に合格
執筆・セミナー
  • 「月刊税理」(ぎょうせい):執筆
  • 「エステート・プランニングのすすめ」(近代セールス社):執筆協力
  • 新宿区:税務相談
  • 新宿法人会:相続税講座講師
  • 東京商工会議所新宿支部:税務相談
  • ソニー生命、日本証券アナリスト協会:セミナー講師
  • 三井不動産リアルティ、積水ハウス:個別相談担当

新宿相続サポートセンター特徴

として質の高いサービスを提供します。

方針と特徴

税理士にも専門分野や得意分野があり、相続を専門に扱う税理士はとても少ないのが現状です。

新宿相続サポートセンターは、相続税専門の税理士事務所として、相続税申告相続対策事業承継贈与税申告ライフプランニングなどのご相談に力を入れています。


担当する税理士は、税理士・公認会計士の資格に加え、中小企業診断士、1級ファイナンシャル・プランニング技能士などの資格も有しており、上場・非上場企業のオーナー様、不動産オーナー様の、相続対策、事業承継対策、相続税の申告手続きなども多数経験しています。

明瞭な報酬体系

ご依頼いただきやすい明瞭な報酬体系(税込165,000円~)で行っています。


土地、非上場株式、相続人数、遺産分割協議書の作成による追加報酬はありません(書面添付は+税込55,000円)。

他士業との連携

他士業と連携したサポートや、相続争いを回避する、家族信託、遺言などのご提案も可能です。

プライバシーを遵守した完全個室の会議室、休日・夜間も相談可能(要予約)など、初めての方でも相談しやすい環境を整えておりますので、どうぞ安心してご相談下さい。

新宿相続サポートセンター概要

事務所名 新宿相続サポートセンター(運営:川合公認会計士・税理士事務所)
代表者 川合 拓
所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-2-6 西新宿K-1ビル3階
電話番号 TEL:050-7121-0516
対応時間 平日 9:00 -18:00 ※事前予約で時間外も対応可能です
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で時間外も対応可能です
アクセス

新宿駅西口を出て、小滝橋通りを直進。

1階にファミリーマートがあるビルの3階が受付です。


  • JR新宿駅西口より徒歩6分
  • 小田急線新宿駅西口出口より徒歩7分
  • 西武新宿駅から徒歩4分
  • 都営大江戸線新宿西口駅D5から徒歩2分
  • 地下鉄丸ノ内線新宿駅から徒歩5分

ページトップへ