相続税 払えない 場合 / 新宿相続サポートセンター|相続税の専門税理士【16.5万円~】

新宿相続サポートセンター|相続税の専門税理士【16.5万円~】 > 相続税申告に関するキーワード > 相続税 払えない 場合

相続税 払えない 場合

  • 相続税が払えない場合の対処法

    相続税は原則一括納付で支払う必要がありますが、どうしても現金一括納付で払えない場合があります。例えば、相続財産が土地などの不動産が主であり納税資金を準備していなかったということなどがあげられます。また遺産分割協議がまとまらずに預金が引き出せないという場合もあります。もし相続税が現金で支払えない場合にはどのような対...

  • 不動産による相続税対策

    不動産を用いて、相続税対策を行うことも可能です。特に更地を所有している場合には、土地活用をすることによって、土地自体の評価額を下げることが出来るため、課税価格が下がり、相続税の対策を行うことが出来ます。不動産を用いた節税対策としては次のようなものが挙げられます。 ・更地に住宅を建てることによって、相続税における評...

  • 生命保険による相続税対策

    相続税対策には、生命保険を活用した対策もあります。生命保険を利用することによって、生命保険金の非課税枠を利用することが出来ます。生命保険金の非課税枠は「500万円×法定相続人の人数」で計算されるため、仮に法定相続人が配偶者とお子様お二人だった場合には、法定相続人は3名となりますので、「500万円×3名」で1500...

  • 相続税対策が必要な人とは

    相続税対策はすべての方が行うべきものではありません。例えば、相続税の申告納税がそもそも必要ない方が相続税の対策を行っても、相続税はそもそも課されていないため対策すら必要ないことになります。相続税対策を行うべき方には次のような特徴があります。・相続財産が1億を超えるなど財産がかなり多い・相続財産のほとんどが不動産

  • 相続税の期限

    相続税の申告、納付の期限は相続があったことを知った翌日から10か月以内という規定があります。10か月の間に、「財産目録の作成」、「遺産分割協議」、「相続税申告書の作成」、「相続税の申告、相続税の納付」といった手続きをすべて行う必要があります。10か月以内に終わらない場合には、追徴課税が課される場合もあります。延納...

  • 相続税の基礎控除額について

    相続税は、相続を受けた事例ですべて申告を行わなければならないというわけではありません。相続を受けたとしても、申告不要となるケースもあります。相続税の申告をするしないの基準として代表的なものは「基礎控除」が挙げられます。 相続税の基礎控除額は、法定相続人の人数に関係してきます。計算式は、「3000万円+600万円×...

  • 相続税申告が必要となるケース

    相続税は相続を受けたすべての方が行うべきものではありません。次のような条件を満たす方が相続税の申告を行う必要があります。・相続税の課税対象額が「基礎控除」を超えている場合相続税の納付義務が発生している場合)・相続税の納税義務はないが、配偶者特例などの相続税の特例を利用する場合 この2点のいずれかに当てはまる方は...

  • 不動産相続は土地評価に強い専門家へ相談する

    不動産相続については、相続税が問題となりますが、相続の際には、相続税以外にも対応すべき事項が多くあり、また時間的にも限りがあることから、すべて自分一人で解決しようとするのは大変な面もあるといえます。また、特に相続税においては、相続した財産の評価をしなければならず、また、土地については小規模宅地等の特例などの優遇措...

  • 小規模宅地等の特例とは

    小規模宅地の負担軽減措置とは、相続開始の直前において被相続人または被相続人と生計を一にしていたその親族が事業のようまたは居住の用に供していた宅地等については、一定面積まではその評価額の一定割合のみを相続税の課税価格に算入することとされています(租税特別措置法69条の4第1項、2項)。これは、昭和末期からのバブル期...

  • 不動産を相続したの相続税の計算方法

    相続額の税額は、民法所定の各相続人が民法所定の相続分に応じて被相続人の財産を相続したと仮定した場合の総税額を計算し、それを各相続人および受遺者にその者が相続または遺贈によって得た財産の価額に応じて按分することとされています(相続税法11条以下)。すなわち、遺産分割がどのように行われたとしても、相続税の総額に影響は...

  • ライフプランの必要性とは

    もし、ライフプランを明確に考えずに過ごしていた場合には思わぬ事態に直面することも考えられます。例えば急な病気での生活資金の不足や治療費の問題があげられます。他にも介護施設にお世話になる場合相続税の支払いが必要な場合など状況は様々です。 こうした様々な状況に対応するためには、ライフイベントを明確にした上で現在の収...

  • 贈与税申告を税理士に依頼するメリット

    贈与税の申告が年間110万円を超える場合や相続時精算課税制度を受ける場合などは申告が必要となります。 申告は個人でもできますが、贈与された財産に不動産や株式などが含まれていた場合などは、その財産を評価するのに専門的な知識が必要となります。そのため、それらの財産が含まれる場合は税務の専門家である税理士に相談するのが...

  • 贈与税の特例制度の適用を受ける

    この方法は「暦年課税」を選択した場合に有効となります。贈与税には年間110万円の基礎控除がありますので、この範囲内での贈与なら、無税で財産を移転することができます。年間110万円ですので、1回や2回ではあまり効果がありません。贈与を行うのが早ければ早いほど効果があります。比較的少額の贈与をすることでこのような高い...

  • 新宿区で相続税のご相談は当事務にお任せください

    相続とは、本人が亡くなった場合に、その配偶者や子などの相続人が、生前の本人における一切の法律関係を承継することを示します。 相続時には、相続税が課せられることがあります。相続財産のうち相続税の課税対象となるのは、預貯金や不動産、株式などの金銭に交換可能な本来の相続財産、被相続人の生命保険金や死亡退職金などのみなし...

  • 新宿区で不動産相続税のご相談は当事務にお任せください

    相続時の遺産総額が相続税の基礎控除額を超えると、相続税が課税されます。土地や住宅といった不動産は、財産価値が高額で遺産総額に占める割合が大きい場合が多く、不動産の評価額によって納めるべき税額が大きく変わることもあります。 土地の評価額の算出方法は、路線価方式と倍率方式があり、路線価(土地に面する道路に定められた価...

  • 生前贈与のメリット・デメリット

    そして、相続人が複数人いる場合には、遺言や法律で定められた割合(法定相続分)などにしたがって、財産を分け合う(遺産分割)ことになります。 現金などであれば、財産を分けることは簡単ですが、通常相続財産には自動車や土地、家屋などの不動産、株式などの有価証券など、単純に分けることが困難な財産も含まれます。遺産分割を裁判...

  • 相続時精算課税制度とは

    相続時精算課税制度とは、原則60歳以上の父母又は祖父母から、18歳以上の子又は孫に対し、財産を贈与(民法549条)した場合において選択できる贈与税の制度をいいます。まずは、この制度の根本である贈与税から説明します。 贈与税とは、人から財産を貰う贈与契約を締結した際発生する税金をいいます。また、自分が保険料を払って...

  • 暦年贈与のメリット・デメリット

    人が亡くなったときには親族へ権利義務が相続されますが(民法882条、896条)、相続される財産額が一定の金額を超えるときには、相続税が発生することとなります。そこで、生前には自分の財産を減らしおくために、子供や孫へ対して財産を贈与しておくことによって相続税がかからないようにするという方法を取ることができます。もっ...

  • 事業承継税制とはどんな制度?

    事業承継税制とは、「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」(円滑化法)に則り都道府県知事認定を受けている非上場会社の株式などを贈与や相続によって承継した事業の後継者がいた場合、承継された分の贈与税や相続税を一旦猶予する制度のことを言います。事業承継制度の要件は、以下の通りです。 ⑴会社に対する条件事業承...

  • 贈与税の時効が成立するケースとは

    ただし、6年で時効となるのは、贈与だと知らずに贈与していた場合になります。一方で、贈与税の課税対象であると知っていながら、申告しなかったなど、故意に税金から逃れた場合、時効までの期間は7年となります。 実際に時効が成立したケースは、贈与者と贈与を受け取った者が互いに贈与と認識していたこと、贈与者が返還を求めておら...

  • 相続税の非課税枠はいくらまで?注意点とは

    相続税には、非課税規定が設けられています。このことを知らなければ、相続税を多く支払うことになる可能性があるので、相続の際にはしっかりと理解しておく必要があります。 この非課税枠は、一般的に相続税の基礎控除額と言われています。その額については、「3000万円+相続人の数×600万円」で計算されます。例えば、相続人が...

  • 相続税はいくらからかかる?

    相続税とは人が亡くなると相続が発生します。相続が発生すると、相続人は被相続人(故人)の遺産を承継することになります。この遺産を承継するにあたって、相続人が支払わなければならないのが「相続税」です。しかし、いかなる場合にも相続税を支払わなければならないというわけではありません。ここでは、相続税はどのような場合にか...

  • 相続税の配偶者控除とは

    相続税とは相続税は、相続が発生した際に、相続人が承継した遺産の総額が一定額以上になると課されます。具体的には、遺産の総額が相続税の基礎控除額を超える場合に、相続税の課税対象となります。相続税の課税対象となった場合には、税務署に相続税の申告書を提出することが義務付けられています。 ●相続税の配偶者控除について相続...

  • 生命保険金には相続税がかかるか

    相続税とは相続税は、遺産を承継した相続人に課されるものです。とはいえ、相続人全員に必ず課されるものではなく、遺産の総額が相続税の基礎控除額を超える場合にのみ課税対象となります。また、課税対象となる遺産は、相続時に財産価値を有するものであり、遺産のほとんどを占めますが、例外的に仏壇仏具やお墓は対象外となっています...

  • 相続税申告は自分でできる?メリットや注意点も徹底解説

    相続税の申告は、被相続人が亡くなってから10か月以内に行う必要があり、申告の際に納税も必要です。相続税の申告納税は、税理士が得意な分野ではありますが、ご自身で行うことも問題ありません。しかし、ご自身で行うことによる注意点も数多くあります。相続税申告をご自身で行うメリットや注意点は、次のようなものがあります。 〇相...

  • 相続税の税務調査を徹底解説!~時期・内容・対策方法~

    相続税の申告が終わると、相続税の申告に誤りがないかを確認するために税務署から税務調査が入る可能性があります。税務調査には時期や内容、対策方法を理解しておくことでスムーズな調査を行うことが可能です。 ・税務調査の時期相続税の税務調査の時期はおおよそ申告後1~2年が多いといわれています。しかし、この時期はあくまで参考...

  • トラブルが起きやすい「二次相続」とは|必要な対策など解説

    そのため、納税資金として預金や生命保険などを持っていることが一番望ましいですが、不動産を所有している場合などには納税資金が足りなくなるというトラブルが起こりやすくなります。 ・相続割合に関するトラブル1回目の相続では配偶者に不動産を相続することが多いため、不動産の所有権のトラブルは起こりづらいですが、二次相続では...

  • 未支給の年金は相続税の対象になるのか

    しかし、受給中に亡くなってしまった場合には未支給の年金が発生してしまいます。この際にこの年金は相続税の対象となるのでしょうか、解説していきます。 〇公的年金公的年金は2か月に一回前月分と前前月分が支給されます。そのため、亡くなった場合には未支給年金が発生してしまいますが、この未支給の公的年金には相続税は発生しませ...

  • 住宅購入時に親から援助を受ける場合の注意点

    この非課税措置を受けるための条件としては「直系尊属からの贈与であること」「受贈者が18歳以上であること」「受けられる非課税措置の最大額を受ける場合には省エネ住宅などの条件があること」ということがあげられます。しかし、この条件を満たせば非常に効果的な相続税対策となります。 ■この非課税制度でもめることがある住宅購入...

  • 孫への不動産相続におけるメリット・デメリットとは

    相続を行う場合には土地などの不動産を子ではなく孫に相続をしたいという思いを持つ方もいらっしゃいます。しかし、不動産を孫に相続をする際にはメリットもありますが、デメリットを押さえておかないと最終的に支払う相続税が高くなってしまうことがあります。孫に不動産相続を行う場合にはどのようなことに注意をしておかなければならな...

  • 相続税対策を税理士に相談するメリット

    相続税はご自身で申告書を記入して提出することも可能です。しかし、相続税に関することは専門家である税理士に依頼することで確実でスムーズな申告を行うことが出来ます。相続税対策から相続税申告までを税理士に依頼するメリットは次の通りです。・最新の相続法にのっとった対策を行える・相続税が一番かからない相続の方法をアドバイス...

  • 相続税対策の方法とは

    相続税は相続する資産が多ければ多いほど税額は高くなります。そのため、相続税対策を行うことが必要です。 相続税の対策としてあげられる代表的なものとしては次のようなものが挙げられます。・生命保険等を活用した、非課税枠の活用生命保険は「500万円×法定相続人の人数」が非課税となります。この非課税枠を利用して、課税価格を...

  • 相続税の計算方法

    相続税の計算は、相続税の課税対象となる「課税価格」から計算されることになります。相続における「課税価格」の対象となるものは、次のようなものが挙げられます。・相続により相続人が取得した財産・みなし相続等により取得した財産(死亡退職金など)・相続時精算課税の適用となる贈与資産・相続開始より3年以内の贈与財産 このすべ...

  • 相続税申告の流れ

    相続税の申告には多くの手続きを踏まなければなりません。相続税の申告期限は相続があったことを知った翌日から10か月となっており、それまでには「相続放棄」の手続きや「準確定申告」などの相続関連の手続きがあります。 相続税の申告のためには、・相続する財産が何かをまとめる(財産目録の作成)・遺産分割協議・遺産分割協議に基...

  • 2,000万円問題とは

    具体的には夫婦ともに老後が無職であった場合には、月5万円程度が不足してしまい結果としてその後の20年から30年程度で2000万円が不足するのではないかという問題です。 この問題はあくまで一つの生活スタイルや状況を参考にしたものであり個人個人でどの程度の貯蓄が必要あるかは異なるものです。しかし、退職金が減少しつつあ...

  • 従業員への事業承継

    株式は移動させず、経営権だけを承継するということも考えられますが、その場合はその経営者は雇われ社長という形になり、株式保有者の顔を伺いながら会社を経営することになるため、迅速な経営判断を行いにくくなる可能性があります。 また中小企業では金融機関から個人保証をしてもらい、融資を得ている経営者の方も多いかと思いますが...

  • 事業承継の流れ

    働き方の多様化などにより、後継者候補の親族がそもそも経営者様の会社とは別の会社に勤めている場合が多くなっているためです。 親族承継を検討されている場合は後継者候補について早い段階で同意を事業承継する意思を確認しておくようにしましょう。 親族承継以外の選択肢では従業員承継とM&Aを利用した事業承継があります。従業員...

  • 不動産や株式を贈与する

    贈与は、数ある相続税対策の中でももっとも効果的なものの一つです。そして、贈与はもっとも基本的で比較的容易にできる方法です。 相続税を減らすために生前贈与で相続財産となるであろう不動産や株式を贈与しておくことが効果的です。しかし、贈与によって相続税を節税しようとするのは効果的ですが、そこでネックとなるのが贈与税です...

  • 相続税の土地評価とは

    ■土地に対する相続税相続税の計算をするにあたっては、相続財産である土地を評価して、その評価額に対して税金が課されることになります。土地の評価額を誤って計算すると、相続税を正しく納付できず、相続税の追納を求められるなどのトラブルにつながるため、慎重に計算を行います。 ■宅地の評価方法宅地の評価方法には、路線価方式と...

  • 不動産を生前贈与するメリット

    そして、財産の額が一定以上の金額であったとき、相続人は相続税を支払う必要があります。相続税を支払わないためには、亡くなる方の財産を元から相続人等へ贈与(同法549条)しておくという方法が考えられます。贈与には、「暦年贈与」と「相続時精算課税制度」の2つが考えられ、暦年贈与は1年間で110万円の範囲で、相続時精算課...

  • 事業承継のメリット・デメリット

    経営者の親族の場合、従業員から受け入れられやすいという傾向があります。また、創業者の理念を引き継いでいると対外的にも評価されやすく、社外からも認められやすいといったことがメリットとして挙げられます。また、後継者の早期決定、相続トラブルの回避にも繋がります。一方、デメリットとしては、親族であるからというだけの理由で...

  • 不動産相続にはどのような手続きが必要?

    相続税の申告納税 となります。 不動産相続において特殊な部分は、不動産は高額な資産であり、かつ分割が難しいことから不動産を相続した親族以外に預貯金を多めに相続させるなどの対応が必要であること、そして不動産相続においては「相続登記」が必要であることです。相続財産の名義変更においては被相続人の戸籍謄本や相続人の戸籍...

  • 土地の贈与税の計算方法

    相続税の生前対策として、生前贈与を検討されている方も多いのではないかと思います。その中で特に大きな財産「不動産」、その中でも「土地」の評価額や贈与税の計算はどのように行えば良いのでしょうか。土地の贈与税の計算は、次のようなステップで行っていくことが必要になります。 〇評価額の計算方法を比較する土地の評価額は、一般...

新宿相続サポートセンターが提供する基礎知識

  • 贈与税の特例制度の適用を...

    贈与を効果的に活用するには「相続時精算課税」と「暦年課税」の二つの課税方式を利用して節税対策を行います。 一度...

  • 住宅購入時に親から援助を...

    住宅を購入する際には親からの援助で家を購入する、ということもあるかと思います。この際に活用できるのが「住宅取得等資金の贈...

  • 事業承継のメリット・デメ...

    事業継承とは、後継者に事業を引き継ぐことを指します。経営者のリタイアに伴い、後継者に事業を引き継ぐことができなければ、廃...

  • ライフプランの必要性とは

    2000万円問題や教育費の高騰といったお金に関する人生の悩みの多い時代に現代は突入しています。そう言った時代であるからこ...

  • 相続税の非課税枠はいくら...

    相続税には、非課税規定が設けられています。このことを知らなければ、相続税を多く支払うことになる可能性があるので、相続の際...

  • 不動産相続にはどのような...

    不動産の相続を行うためには、トラブルのないように確実な手続きを行う必要があります。相続が起こった際の不動産相続の手続きと...

  • 相続税申告の流れ

    相続税の申告には多くの手続きを踏まなければなりません。相続税の申告期限は相続があったことを知った翌日から10か月となって...

  • 相続税対策が必要な人とは

    相続税対策はすべての方が行うべきものではありません。例えば、相続税の申告納税がそもそも必要ない方が相続税の対策を行っても...

  • 生命保険による相続税対策

    相続税対策には、生命保険を活用した対策もあります。生命保険を利用することによって、生命保険金の非課税枠を利用することが出...

  • M&Aにかかる費...

    事業承継を行う際に活用できる方法の一つとしてM&Aがあります。このM&Aを活用することによって、事業承継...

よく検索されるキーワード

税理士紹介

川合税理士の写真
代表税理士
川合 拓(かわい たく)
ご挨拶

相続は自分には関係ないと考えてる方も多くいますが、誰もが一度は経験するものです。

その際に何をすれば良いかわからないと悩まれる方がほとんどです。困ったときに頼りになる税理士として皆様が抱える相続の悩みを解決いたします。

税理士以外にも公認会計士、中小企業診断士、宅地建物取引士、1級ファイナンシャル・プランニング技能士などの資格を有する“相続のスペシャリスト”が皆様が抱える相続の悩みを解決いたします。

  • 所属団体
    • 東京税理士会新宿支部
    • 日本公認会計士協会東京会
    • 新宿法人会
    学歴
    • 一橋大学商学部経営学科卒業
     
  • 資格
    • 公認会計士・税理士
    • 中小企業診断士
    • 宅地建物取引士
    • 1級ファイナンシャル・プランニング技能士
    • 日本証券アナリスト協会検定会員
    • 英検1級
    ※公認会計士(旧2次試験)は大学3年在学中に合格
執筆・セミナー
  • 「月刊税理」(ぎょうせい):執筆
  • 「エステート・プランニングのすすめ」(近代セールス社):執筆協力
  • 新宿区:税務相談
  • 新宿法人会:相続税講座講師
  • 東京商工会議所新宿支部:税務相談
  • ソニー生命、日本証券アナリスト協会:セミナー講師
  • 三井不動産リアルティ、積水ハウス:個別相談担当

新宿相続サポートセンター特徴

として質の高いサービスを提供します。

方針と特徴

税理士にも専門分野や得意分野があり、相続を専門に扱う税理士はとても少ないのが現状です。

新宿相続サポートセンターは、相続税専門の税理士事務所として、相続税申告相続対策事業承継贈与税申告ライフプランニングなどのご相談に力を入れています。


担当する税理士は、税理士・公認会計士の資格に加え、中小企業診断士、1級ファイナンシャル・プランニング技能士などの資格も有しており、上場・非上場企業のオーナー様、不動産オーナー様の、相続対策、事業承継対策、相続税の申告手続きなども多数経験しています。

明瞭な報酬体系

ご依頼いただきやすい明瞭な報酬体系(税込165,000円~)で行っています。


土地、非上場株式、相続人数、遺産分割協議書の作成による追加報酬はありません(書面添付は+税込55,000円)。

他士業との連携

他士業と連携したサポートや、相続争いを回避する、家族信託、遺言などのご提案も可能です。

プライバシーを遵守した完全個室の会議室、休日・夜間も相談可能(要予約)など、初めての方でも相談しやすい環境を整えておりますので、どうぞ安心してご相談下さい。

新宿相続サポートセンター概要

事務所名 新宿相続サポートセンター(運営:川合公認会計士・税理士事務所)
代表者 川合 拓
所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-2-6 西新宿K-1ビル3階
電話番号 TEL:050-7121-0516
対応時間 平日 9:00 -18:00 ※事前予約で時間外も対応可能です
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で時間外も対応可能です
アクセス

新宿駅西口を出て、小滝橋通りを直進。

1階にファミリーマートがあるビルの3階が受付です。


  • JR新宿駅西口より徒歩6分
  • 小田急線新宿駅西口出口より徒歩7分
  • 西武新宿駅から徒歩4分
  • 都営大江戸線新宿西口駅D5から徒歩2分
  • 地下鉄丸ノ内線新宿駅から徒歩5分

ページトップへ