配偶者 居住権 節税 / 新宿相続サポートセンター|相続税の専門税理士【16.5万円~】

新宿相続サポートセンター|相続税の専門税理士【16.5万円~】 > 不動産相続に関するキーワード > 配偶者 居住権 節税

配偶者 居住権 節税

  • 不動産による相続税対策

    不動産を用いた節税対策としては次のようなものが挙げられます。 ・更地に住宅を建てることによって、相続税における評価額を下げることが出来る・更地に建てた住宅を第三者に賃貸することによってさらに相続税の評価額を下げることが出来る 不動産は高額な財産であり、対策をせずに相続をすると、不動産を相続された相続人は相続税の納...

  • 生命保険による相続税対策

    生命保険金の非課税枠は「500万円×法定相続人の人数」で計算されるため、仮に法定相続人が配偶者とお子様お二人だった場合には、法定相続人は3名となりますので、「500万円×3名」で1500万円が生命保険金の非課税枠となります。この非課税枠は相続放棄をした方も法定相続人として数えられるため、この3名のうち誰かが相続放...

  • 小規模宅地等の特例とは

    この特例は、相続人で相続開始前3年以内に、本人またはその配偶者の所有する家屋に居住したことがなく、相続開始時から相続税の申告期限まで引き続き当該宅地等を所有している場合にも適用されていましたが、この制度を利用して節税を図る例が出てきたため、2018年度改正で、本人またはその配偶者の所有する家屋に居住したことがない...

  • 新宿区で相続税のご相談は当事務にお任せください

    相続とは、本人が亡くなった場合に、その配偶者や子などの相続人が、生前の本人における一切の法律関係を承継することを示します。 相続時には、相続税が課せられることがあります。相続財産のうち相続税の課税対象となるのは、預貯金や不動産、株式などの金銭に交換可能な本来の相続財産、被相続人の生命保険金や死亡退職金などのみなし...

  • 新宿区で不動産相続税のご相談は当事務にお任せください

    不動産を相続した場合に課せられる相続税を下げる節税方法もいくつかあります。例えば、小規模宅地等の特例を適用することで評価額を減額することができます。また、配偶者の特例の適用や生前贈与を利用する方法で節税することもできます。このように、不動産に課せられる相続税の計算は、複雑かつ専門的な知識を要することから相続税対策...

  • 配偶者居住権とはどんな権利?

    配偶者居住権とは、「配偶者が相続開始時に居住していた被相続人所有の建物を対象として、終身又は一定期間、配偶者に建物の使用を認めることを内容とする法定の権利」と法務省は説明しています。つまり、相続発生の前から住んでいた配偶者の自宅は、配偶者がその自宅の権利を相続しなかったとしても、住み続けることができる権利のことで...

  • 相続税対策が必要な人とは

    配偶者がいない場合、配偶者との婚姻期間が短い場合など、相続税対策を行うべき方は多くのケースが考えられます。 相続税対策は一定の相続人に大きな財産が相続される場合の相続税の納税対策や配偶者特例を使えないことによる相続税の納付額増加が考えられる場合に速やかに行う必要があります。まずは相続税のシミュレーションをしたう...

  • 相続税対策の方法とは

    配偶者特例の活用配偶者特例を利用することによって、「法定相続分」か「1億6000万円」のどちらか多いほうまで相続税が非課税となります。・生前贈与を活用した対策贈与税は毎年110万円まで非課税です。また、相続時精算課税を利用することによって、合計2500万円まで生前贈与が非課税となります。 このように相続税対策を...

  • 相続税の基礎控除額について

    そのため、相続人が配偶者とお子様お二人だった場合には、法定相続人は3名となりますので、「3000万円+600万円×3」となり4800万円が基礎控除額となります。法定相続人の人数には、相続放棄をされた方も含まれることに注意しましょう。そのため、先ほどの例でお子様お一人が相続放棄をして、実際に相続を行ったのが2名だっ...

  • 相続税申告が必要となるケース

    ・相続税の納税義務はないが、配偶者特例などの相続税の特例を利用する場合 この2点のいずれかに当てはまる方は、相続税の納付義務の有無にかかわらず、相続税の申告を行う必要があります。相続税の申告が必要な方が相続税の申告を行わないと、無申告加算税などのペナルティが課される場合があります。そのため、相続税の申告義務がある...

  • 贈与税の特例制度の適用を受ける

    贈与を効果的に活用するには「相続時精算課税」と「暦年課税」の二つの課税方式を利用して節税対策を行います。 一度に多額の財産を贈与すると重い贈与税がかかってしまいます。そこで財産を小分けにして、できるだけ多くの人に繰り返して行うのが生前贈与の鉄則です。この方法は「暦年課税」を選択した場合に有効となります。贈与税には...

  • 不動産や株式を贈与する

    しかし、贈与によって相続税を節税しようとするのは効果的ですが、そこでネックとなるのが贈与税です。贈与税の税率は相続税の税率と比べて高く設定されているため、問題となります。 そこで、贈与税の特性をうまく利用して、効果的に相続財産を減らすテクニックが必要となってきます。そのため、贈与税の特例などについてご不明な点やお...

  • 生前贈与のメリット・デメリット

    ②相続税の節税が可能生前贈与では贈与税の対象になります。一定の税制優遇措置などを利用し、生前贈与を工夫して行うことによって、生前贈与を行わずに財産全てを相続財産とするよりもトータルでかかる税金を抑えることが可能な場合もあります。 ■生前贈与のデメリット・生前贈与を行うことによって税金が増えてしまう場合がある前記の...

  • 暦年贈与のメリット・デメリット

    この制度の最大のメリットは、節税対策となることでしょう。人が亡くなったときには親族へ権利義務が相続されますが(民法882条、896条)、相続される財産額が一定の金額を超えるときには、相続税が発生することとなります。そこで、生前には自分の財産を減らしおくために、子供や孫へ対して財産を贈与しておくことによって相続税が...

  • 不動産を生前贈与するメリット

    もっとも、相続時精算課税制度を用いた際には、その間の贈与額は相続時の財産に加算されてしまうため、節税のために不動産を生前贈与する方は、相続税額と贈与税額を税理士に試算してもらうことをお勧めします。 川合公認会計士・税理士事務所は、新宿区に本拠を置き、杉並区、中野区、世田谷区をはじめ、全国各地の贈与税に関するご相談...

  • 贈与税の時効が成立するケースとは

    そのため、正しく節税する手段を取ることが必要です。 川合公認会計士・税理士事務所は、新宿区に本拠を置き、杉並区、中野区、世田谷区をはじめ、全国各地で幅広く活動しております。お客様にご依頼いただきやすい料金で業務を行っていますので、税金のことでお困りの際はお気軽にお問い合わせください。

  • 相続税の非課税枠はいくらまで?注意点とは

    また、被相続人が生命保険に加入している場合、相続人に配偶者がいる場合にも非課税枠が適用されます。 まずは、被相続人が生命保険に加入している場合です。この場合、「500万円×相続人の人数」が非課税枠の上限とされています。例えば、相続人が2人の場合、500万円×2人となり、上限は1000万円となり、1000万円を超え...

新宿相続サポートセンターが提供する基礎知識

  • 相続税の障害者控除とは?...

    相続というのは、多くの人にとっては一生に数回あるかないかの非日常的なできごとです。一般的に相続というと、莫大な相続税が発...

  • 相続税対策を税理士に相談...

    相続税はご自身で申告書を記入して提出することも可能です。しかし、相続税に関することは専門家である税理士に依頼することで確...

  • 相続税対策の方法とは

    相続税は相続する資産が多ければ多いほど税額は高くなります。そのため、相続税対策を行うことが必要です。 相続税の...

  • 小規模宅地等の特例とは

    小規模宅地の負担軽減措置とは、相続開始の直前において被相続人または被相続人と生計を一にしていたその親族が事業のようまたは...

  • 不動産を相続したの相続税...

    相続額の税額は、民法所定の各相続人が民法所定の相続分に応じて被相続人の財産を相続したと仮定した場合の総税額を計算し、それ...

  • 相続税はいくらからかかる...

    ■相続税とは人が亡くなると相続が発生します。相続が発生すると、相続人は被相続人(故人)の遺産を承継することになります。こ...

  • 不動産相続にはどのような...

    不動産の相続を行うためには、トラブルのないように確実な手続きを行う必要があります。相続が起こった際の不動産相続の手続きと...

  • 相続時精算課税制度を利用...

    相続というのは、誰でも一生に一度や二度は経験するものです。相続に関する相談は多岐にわたりますが、「相続財産の中にプラスの...

  • 相続税申告は自分でできる...

    相続税の申告は、被相続人が亡くなってから10か月以内に行う必要があり、申告の際に納税も必要です。相続税の申告納税は、税理...

  • 相続税対策が必要な人とは

    相続税対策はすべての方が行うべきものではありません。例えば、相続税の申告納税がそもそも必要ない方が相続税の対策を行っても...

よく検索されるキーワード

税理士紹介

川合税理士の写真
代表税理士
川合 拓(かわい たく)
ご挨拶

相続は自分には関係ないと考えてる方も多くいますが、誰もが一度は経験するものです。

その際に何をすれば良いかわからないと悩まれる方がほとんどです。困ったときに頼りになる税理士として皆様が抱える相続の悩みを解決いたします。

税理士以外にも公認会計士、中小企業診断士、宅地建物取引士、1級ファイナンシャル・プランニング技能士などの資格を有する“相続のスペシャリスト”が皆様が抱える相続の悩みを解決いたします。

  • 所属団体
    • 東京税理士会新宿支部
    • 日本公認会計士協会東京会
    • 新宿法人会
    学歴
    • 一橋大学商学部経営学科卒業
     
  • 資格
    • 公認会計士・税理士
    • 中小企業診断士
    • 宅地建物取引士
    • 1級ファイナンシャル・プランニング技能士
    • 日本証券アナリスト協会検定会員
    • 英検1級
    ※公認会計士(旧2次試験)は大学3年在学中に合格
執筆・セミナー
  • 「月刊税理」(ぎょうせい):執筆
  • 「エステート・プランニングのすすめ」(近代セールス社):執筆協力
  • 新宿区:税務相談
  • 新宿法人会:相続税講座講師
  • 東京商工会議所新宿支部:税務相談
  • ソニー生命、日本証券アナリスト協会:セミナー講師
  • 三井不動産リアルティ、積水ハウス:個別相談担当

新宿相続サポートセンター特徴

として質の高いサービスを提供します。

方針と特徴

税理士にも専門分野や得意分野があり、相続を専門に扱う税理士はとても少ないのが現状です。

新宿相続サポートセンターは、相続税専門の税理士事務所として、相続税申告相続対策事業承継贈与税申告ライフプランニングなどのご相談に力を入れています。


担当する税理士は、税理士・公認会計士の資格に加え、中小企業診断士、1級ファイナンシャル・プランニング技能士などの資格も有しており、上場・非上場企業のオーナー様、不動産オーナー様の、相続対策、事業承継対策、相続税の申告手続きなども多数経験しています。

明瞭な報酬体系

ご依頼いただきやすい明瞭な報酬体系(税込165,000円~)で行っています。


土地、非上場株式、相続人数、遺産分割協議書の作成による追加報酬はありません(書面添付は+税込55,000円)。

他士業との連携

他士業と連携したサポートや、相続争いを回避する、家族信託、遺言などのご提案も可能です。

プライバシーを遵守した完全個室の会議室、休日・夜間も相談可能(要予約)など、初めての方でも相談しやすい環境を整えておりますので、どうぞ安心してご相談下さい。

新宿相続サポートセンター概要

事務所名 新宿相続サポートセンター(運営:川合公認会計士・税理士事務所)
代表者 川合 拓
所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-2-6 西新宿K-1ビル3階
電話番号 TEL:050-7121-0516
対応時間 平日 9:00 -18:00 ※事前予約で時間外も対応可能です
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で時間外も対応可能です
アクセス

新宿駅西口を出て、小滝橋通りを直進。

1階にファミリーマートがあるビルの3階が受付です。


  • JR新宿駅西口より徒歩6分
  • 小田急線新宿駅西口出口より徒歩7分
  • 西武新宿駅から徒歩4分
  • 都営大江戸線新宿西口駅D5から徒歩2分
  • 地下鉄丸ノ内線新宿駅から徒歩5分

ページトップへ